●お正月
年の初め、縁起物ということで主に松、竹、梅、南天、千両、万両などがよく活けられます。お正月の象徴とも言える門松にはその家に年神さまを迎えるための依り代、または不浄なものを入れないために…といった意味合いがあります。









test01.png

●成人の日(1月第2月曜日)
男女ともに法律的に成人と認められる節目の日、花のプレゼントは一人前の大人としての自覚を促すよい機会にもなります。祝福の意味を込めたフラワーアレンジメントには、ピンクやオレンジといった華やかな花がおすすめです。





test03.png

愛妻の日(31日)
愛する奥様へ…日頃の感謝を花束にこめて贈ってみませんか?年末年始の忙しさもひと段落したこの時期だからこそ、花をもって家に帰るというサプライズをプレゼントしてみましょう。想いを添える花束作り、お手伝いさせていただきます。


●バレンタインデー(14日)
男女が愛を誓う日として知られる日。遥か昔、禁止令に背いて結婚を司っていた聖バレンタインの殉教にちなみ、2月14日をバレンタインデーと呼ぶようになりました。 “愛”を象徴する花…バラを中心としたアレンジがよく用いられます。


◎こんな花はいかがでしょう。
男女を問わず人気のバラは、「花の女王」の呼び名に相応しい気品と豪華さを兼ね備えておりその花言葉は「愛」。バラを使った花束やアレンジそして最近人気のプリザーブドフラワーがお勧めです。






test02.png


桃の節句・ひな祭り(3日)
平安時代、子供の無病息災を願い行った行事(人形に穢れを移して川に流す)が、「ひいな遊び」と呼ばれる人形遊びと繋がり、女の子の成長を祝う日となりました。邪気払いと長寿を意味する桃や愛らしい菜の花を贈られてはいかがでしょう。

ミモザの日(8日)
「国際女性デー」として知られるこの日、イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれるイベントがあります。シーズンを迎える黄色いミモザを男性から女性にプレゼントします。花言葉は「真実の愛」ホワイトデー前のサプライズにいかがですか?

●ホワイトデー(3月14日)
バレンタインデーのお返しに男性から女性にプレゼントを贈る日として知られます。花が喜ばれるとわかっていても、日頃贈り慣れていなければ難しいもの。そんな貴方のために、私たちが心をこめてアレンジをご提案させていただきます。

●卒業式
旅立ちの日、感謝を込めて恩師やご両親に花を贈りませんか?「感謝」という花言葉を持つ、かすみ草やダリアをアレンジ。また「偉大な愛」を意味するカサブランカなど、気持ちを表すに相応しい花束はいかがでしょうか。


入学式
新しい門出を祝い、花に想いを託すプレゼントはいかがでしょうか。若々しいイメージのチューリップやスイトピー。またフレッシュな気持ちが続きますようにとの意味を込めて、長く美しさを保つプリザーブドフラワーもおすすめです。

サン・ジョルディの日(23日)
スペインカタルーニャ地方の伝統的な祝日。カタルーニャの守護聖人、騎士サン・ジョルディにちなんで制定。男性は女性に1本の薔薇を-女性は男性に1冊の本を…愛の象徴としてプレゼントする日。家庭や仲間内でもプレゼントを交します。


端午の節句・こどもの日(5日)

母の日(第2日曜日)
1905年アンナ・ジャービスという女性が、母への追悼の想いをこめて白いカーネーションを配ったことが起源とされます。母の日と言えばカーネーションが定番ですね。園芸を楽しむ鉢植えや切り花など、お好みに合わせてご提案いたします。


父の日(第3日曜日)
母の日に隠れがちですが園芸や庭仕事を趣味とする、花が好きな男性も案外いらっしゃいます。そういった方には寄せ植えのセットなども喜ばれるようです。またお母様も一緒に観賞して楽しめるようなアレンジメントもおすすめです。


七夕(7日)
七夕(たなばた、しちせき)は、日本、台湾、中国、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。旧暦の7月7日の夜のことでしたが、日本では明治改暦以降、お盆が7月か8月に分かれるように、7月7日又は月遅れの8月7日に分かれて七夕祭りが行われます。五節句の一つにも数えられています。平安時代には撫子(なでしこ)の花の優劣を競ったと伝えられているので、七夕の花は撫子といわれています。

お中元(7月から8月)
暑い季節となりますので、一般に鉢植えの花や観葉植物が多く選ばれています。お中元にお花を…という風習は珍しいかもしれませんが、法人さまへのギフトや女性主体の業態店舗などへの贈り物として幅広く活用されています。


●お盆8月13〜16日、関東など地域によっては7月13〜16日
白を基調としてブルーや紫の花をアレンジするケースが最も多く用いられます。用途に即して全体に落ち着いた上品なイメージに仕上げ、先方様に失礼の無いような気配りを花に託すお手伝いをさせていただきます。


●敬老の日第3月曜日
可愛がってくださるお祖父ちゃん、お祖母ちゃんへの感謝を伝える贈り物。鉢植えから切り花までライフスタイルに合わせたご提案をいたします。好みやお部屋に似合う色など、五そ段に応じてピッタリくるものをお創りいたします。


●ボスの日16日
会社を経営する父のため、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスさんが、1958年に提唱しました。部下から上司へと日頃の感謝を贈り物に託す日。そこで花束を加えてみてはいかがですか?嬉しいサプライズになるかもしれませんよ。


●いい夫婦の日22日
夫から妻へ、または妻から夫へ…いつも傍らにいてくれる大切な存在へ「ありがとう」の気持ちと「これからも仲良く暮らしていこう」の想いを花に託して贈ってみませんか?子供さんからご両親へのプレゼントとしても喜ばれます。


クリスマス
クリスマスと言えば赤と緑の色合いが綺麗なポインセチア。赤は情熱、緑は生命力を表すと言われています。また純潔の白を意味するクリスマスローズの鉢植えなどもおすすめです。クリスマスを彩る花のプレゼント、いかがですか?

お歳暮




就職祝い
社会に旅立つ希望の日をより明るく演出。傍らに添えるという意味では、あまり仰々しくなりすぎないアレンジがおすすめです。春ならではのカラフルな色合いを用いて、小振りながらも心に残る贈り物としてご提案させていただきます。

誕生日
誕生日は一年に一度のこと。距離が離れていて会いにいけない大切な人へ…家族に、恋人に、おめでとうの言葉に添えて花を贈ってみませんか。何を選んでよいかわからない時は私たちがお手伝いいたします。お気軽にご相談くださいませ。

結婚祝い
結婚は人生の節目。結婚式の招待が届いたとき、祝福のメッセージに添えるプレゼントとして、花束はいかがでしょうか。事情があり式に出席できない場合でも、花にお祝いの気持ちを託すことで気持ちを伝えることができますよ。

結婚記念日
ご夫婦にとって特別な日、花で彩ることでその日をより印象的にしてみませんか?例えば食卓に小さな花を飾るだけでも、いつもと気分が変わるものです。子供たちからご両親へ記念日のサプライズに花束を…というシーンも素敵ですね。

開業・開店祝い
応援と祝福の意味をこめた花のプレゼント。華やかなスタンド花や胡蝶蘭、そして観葉植物など。その場の雰囲気と時期に合わせたプレゼントをご提案させていただきます。また、ご予算に合わせたお任せコースもご用意しております。